05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

平安調美人のひとりごと

いわゆるよろず日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

かわいいペット発見



仕事中、ある家に訪ねていたら、かわいいペットを発見

これって、ブタさんでしょうか?

草を食べるのに夢中で、なかなかこっちに向いてくれませんね
スポンサーサイト

category: 必然の出会い

[edit]

page top△

明日、「日本人の知らない日本語」が入荷するとは…

2日に地元の本屋さんに行って、「日本人の知らない日本語」が売り切れていて、半ば諦めかけていたが、今日、隣町の本屋さんに行ってきて、カウンターで聞いてみたら、明日入荷する予定と教えてくれたので、早速予約しました。

ネットでちょっと紹介されたものを見てみたけど、結構笑えました。

明日の電話が楽しみだ。

category: 必然の出会い

[edit]

page top△

ハクション大魔王のハンバーグが食べられる店

子供の頃に見たアニメ「ハクション大魔王」。
ハクション大魔王の大好物といえば、ハンバーグ。
でも、テレビでは油で揚げていたシーンがあるが…(^-^;

そのハンバーグが食べられる店が5月13日にリニューアルオープンされて話題になった。
その名はさいまた市にある「ハンバーグ大魔王」。
タツノコプロとライセンス契約を結び、ハクション大魔王をイメージキャラとしての使用が許可された店として去年の8月にオープンし、ブログで話題になった。さらにハクション大魔王色を出そうとメニューや内装に力を入れてリニューアルオープン。

http://news.walkerplus.com/2009/0517/10/

玄関では170センチのハクション大魔王のフィギュアがお出迎え、店内に入ると、おなじみの壷がいたるところに置かれている。

ハンバーグは1枚409円だが、かなりのボリュームで1枚だけでも十分に食べられるが、大魔王サイズと称した4枚セット(1197円)を注文すると、あの魔法の壷皿で入ってくるとか。

リアルタイム当時にハマった30代後半から40代の人が子供と一緒に来店してほしいというコンセプトをもとにしてオープンした店も、6月には神奈川の藤沢市に2号店がオープンする予定。

もっと食べたいでごじゃるよと聞こえてきそうだ。

それでは、You Tubeで見つけたハクション大魔王の動画をどうぞ。
まずは堀江美都子が当時12歳の時に歌っていたエンディングの「アクビ娘」



話題のボーカロイド初音ミクの「アクビ娘」



ダイハツのNAKEDのCM













category: 必然の出会い

[edit]

trackback: --   comment: 0  

page top△

自分自身をFAXしようとするネコ

この間、プリンターの動作音にビクッと反応し、近くのケーブルに攻撃するネコの動画をお送りしましたが、今度は自分自身をFAXしようとするネコの写真を見つけました。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090423_fax_cat/

一生懸命すき間に入れようとするところがとても可愛いです。
でも、FAXはおろか、コピーもできないのにね( ´艸`)プププ

category: 必然の出会い

[edit]

trackback: --   comment: 0  

page top△

年バレるわ(^_^;)

1970年代後半から1980年代にわたってTBS系列にて放送された音楽ランキング番組「ザ・ベストテン」のオフィシャルコンピが、ソニーミュージック、ユニバーサルミュージック、ビクターエンタテインメント、ポニーキャニオン、コロムビアエンタテインメントの各社より全6タイトルで4月22日にリリースされる。

http://www.barks.jp/news/?id=1000048671

放送当時に夢中になったあのアーティストが、あのアイドルが、あの話題曲が、オリジナルマスターでよみがえる。あの「ザ・ベストテン」のテーマやミラーゲートを通る時に使った曲も収録されている。
そればかりではない。演歌や歌謡曲ばかりを集めた「歌謡曲編」、当時話題になった「スポットライト編」も発売する。

それでは「今週のスポットライト」で登場したサザンの「勝手にシンドバット」のYou Tube動画をどうぞ。



ハプニング満載の1986年名迷場面集のPART1



そしてPART2



当時の子供たちの間で流行っていたピンクレディーメドレー



締めはさよならザ・ベストテンの歴代司会者編で。













category: 必然の出会い

[edit]

trackback: --   comment: 0  

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。