06// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //08

平安調美人のひとりごと

いわゆるよろず日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

デヴィッド・カルーソ出演作について

ホレイショを演じているデヴィッド・カルーソといえば、1995年の「死の接吻」と「ジェイド」を連想する方がたくさんいらっしゃるでしょう。
今日は初主演作の「死の接吻」の感想。

以前、スカパー!のスターチャンネルプラスという洋画吹替えチャンネルで二度も見ました。

話は今ひとつでしたが、「CSI:マイアミ」のホレイショでは見られないシーンが満載です。
まずファンが熱を上げるのは、お着替えするシーン。
従兄弟に頼まれて、自動車泥棒の片棒を担いでしまったために刑務所へ送り込まれたジミー(カルーソ)が囚人服から着替えるシーン。

マッチョではないけど、色白である程度鍛えた上半身だが、お腹がちょっと…。

ニコラス・ケイジが演じるリトルジュニアに疑われて、トイレでシャツを破かれるシーンなんかは、ファンにとってはヨダレもの。

ジミーは娘を持つ父親役なので、娘をあやすところはホレイショには見られないけど。

死の接吻

category: ごちゃまぜ

[edit]

trackback: --   comment: 0  

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。