10// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //12

平安調美人のひとりごと

いわゆるよろず日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

第81回アカデミー賞で…

アメリカ映画界だけではなく、世界の映画界で最も注目を浴びるアカデミー賞。
今年は『スラムドッグ$ミリオネア』が作品賞を始め、8部門を受賞。

ブラピことブラッド・ピットが年をとる毎に若返ってしまう男を演じた『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』は美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞を受賞。
同性愛者であることを公表し、アメリカのマイノリティのために戦ったハーヴィー・ミルクの最後の8年間を描いた『ミルク』は脚本賞、主演男優賞を受賞。

日本映画もがんばりました。

『つみきのいえ』(加藤久仁生監督)が短編アニメーション映画賞を受賞、日本アカデミー賞で10部門受賞された『おくりびと』(滝田洋二郎監督、本木雅弘、広末涼子出演)も外国語映画賞を受賞されました。

私が注目しているのは、去年の1月22日に他界したヒース・レジャーが助演男優賞に受賞されるかどうか。
他界した映画俳優で受賞された俳優は、1977年のピーター・フィンチ(『ネットワーク』主演男優賞)以来2人目で、他にロバート・ダウニー・ジュニアなどがノミネートされ、注目が集まったため、受賞は難しいと思っていた。

そこで私はふと思った。何故映画やドラマなどで授賞式が行うのかを。




確かに、1年間で独断と偏見なしですべての映画やドラマを見ることには、かなりの時間と費用がかかる。
アメリカだけではなく、日本映画も然り。

もちろん個人的な見解もある。
その中で1年間で最も素晴らしい映画を選ぶのは結構難しい。

いくら「全米視聴率No.1」と評されているドラマも、「全米第1位」と評されている映画も、売り上げなどの数字だけではあてにはならない。
これはベガスやグレアナが「全米視聴率No.1」と評されても、日本ではあまり注目されていないのと同じである。

アカデミー賞などの賞は、そんな独断と偏見から解放される唯一のもの、「良識」を計るものだ。

もちろん、アカデミー賞を取るだけが注目される映画じゃない。

アカデミー賞が最高の映画に贈る賞なら、最低な映画に贈るのが『ゴールデン・ラズベリー賞』。
それはアカデミー賞授賞式前日に1年間で最低と評された映画に贈るいわゆる逆アカデミー賞。

「UCLAから映像製作・映画宣伝の道に進んだジョン・ウィルソン(John Wilson)により1981年に創設された。

初期は正真正銘のB級映画が各部門受賞を独占することが多かったが、近年は輝かしい実績があるにも関わらず何の間違いかどうしようもない役柄を演じてしまった俳優や、前評判と実際の出来のギャップが著しく激しい大作などが受賞する傾向にある。

また、受賞した作品が「一般受け」はしないが、マニアからは「カルト映画」と評価される作品の場合もある(「フォード・フェアレーンの冒険」「ハドソン・ホーク」「ショーガール」など)。」
(Wakipediaから引用)

過去の受賞作品には「ランボー/怒りの脱出」(1985年)、「ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀」(1986年)、「ハドソン・ホーク」(1991年)、「ショーガール」(1995年)などがある。
また、最低男優賞受賞者にシルヴェスター・スタローンとか、最低女優賞受賞者にマドンナが入っている。

ゴールデン・ラズベリー賞授賞式に出席したのが、最低作品賞・監督賞など7部門を受賞した『ショーガール』のポール・バーホーベン、最低作品賞・監督賞など5部門を受賞した『フレディのワイセツな関係』のトム・グリーン、そして『キャットウーマン』(最低作品賞・監督賞など4部門受賞)で最低主演女優賞を受賞したハル・ベリー。

ハル・ベリーは過去に『チョコレート』でアカデミー主演女優賞に受賞されたが、彼女はオスカー像を持参して左手に持ち、右手にはラジー像を抱えてアカデミー賞主演女優賞を受賞した際のスピーチパロディーを演じ切り、涙まで流して見せたことで聴衆から大喝采を得たとか。その理由は、子供の頃に母親から「胸を張って負け犬になれない者は、勝者にもなれない」と言われただそうだ。

良しも悪しも、映画やドラマは注目されてなんぼです。





category: 普通の日記

[edit]

page top△

コメント

アカデミー賞発表!

PING:
BLOG NAME
◎が受賞になります。 ○が私の予想です。下馬評通り、ミリオネア旋風が巻き起こりましたね~~。感想blogとかでは非常に好評だった「レボリューショナリーロード」は受賞部門ならず。助演男優はヒース・レジャーにという様々な人の思いが通じたんでしょうか? ...

 #79D/WHSg | URL | 2009/02/24 09:15 | edit

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://kusuyama.blog42.fc2.com/tb.php/390-1733ff47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。