10// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //12

平安調美人のひとりごと

いわゆるよろず日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

もっと論議を重ねるべきかと…

最近、一流大学に通う学生が大麻、マリファナを所持、または使用容疑で逮捕、起訴される事件が多発していますね。

海外の一部では医療目的で使用することもあり、マイアミでもマリソルがガンによる化学療法の副作用を緩和するために、姉想いのデルコが法に触れない程度のマリファナを購入するエピソードがあります。

最近では、アメリカでもマリファナに関する賛否両論がありますが、その安全性とか危険性などをもっと論議を重ねるべきかと思います。

日本では、マリファナは大麻取締法で使用禁止されています。

ここから先はWakipediaからの引用

『本法には目的規定がないが、法案審議国会で、政府は目的を次のように説明した。大麻草に含まれている樹脂等は麻薬と同樣な害毒をもっているので、従来は麻薬として取締っていたが、大麻草を栽培している者は大体が農業に従事しているので、麻薬取締法の取締の対象たる医師、薬剤師等とは、職業の分野が異っている関係上、取締の完璧を期すために、別個な法律を制定したものである。大麻の不正取引及び不正使用を防ぐため、大麻を取扱う者はこれを免許制とし、この免許を受けた者以外の者は、大麻を取り扱うことを禁止している』

これは大麻取締法の目的。では、何故制定されたのかというと…?
『第二次世界大戦後、大麻の取締りはいわゆるポツダム緊急勅令(昭和20年勅令第542号)に基づくポツダム省令として制定された「麻薬原料植物ノ栽培、麻薬ノ製造、輸入及輸出等禁止ニ関スル件(昭和20年厚生省令第46号)」により開始され、大麻は麻薬と指定され大麻草の栽培等が全面的に禁止された。

その後、同じくポツダム省令として「大麻取締規則(昭和22年厚生・農林省令第1号)」が制定され麻薬から独立して大麻の規制が行われるようになり、許可制で大麻草の栽培が一部認められ、併せて、大麻の輸入・輸出・所持・販売等が規制された。

大麻取締法は大麻取締規則を廃止して新たに制定された法律である。大麻の取扱いを学術研究及び繊維・種子の採取だけに限定し、大麻の取扱いを免許制とした。また、無免許での大麻の所持・栽培・輸出入等を禁止し、その罰則を規定した。

大麻取締法は十数回改正されている。1953年の改正では大麻の定義が「大麻草及びその製品」と改められ、大麻草の種子は規制の対象外とされた。1963年の改正では罰則の法定刑が引き上げられた。1990年の改正では栽培・輸入・輸出・譲渡し・譲受け・所持等についての営利犯加重処罰規定、および、未遂罪、栽培・輸入・輸出についての予備罪及び資金等提供罪、周旋罪等が新設された。

近年、麻薬等の国際不正取引が増加し深刻な状況となっているため規制を強化すべきとの国際世論が高まり、1984年の国連総会において麻薬及び向精神薬の不正取引の防止に関する国際連合条約の検討が開始され、1988年ウィーンにて採択された。

本条約に対応して1991年に大麻取締法を含む麻薬関連法の改正が行われた。この中で資金等提供罪の処罰範囲の拡大、大麻の運搬の用に供した車両等への没収範囲の拡大、国外犯処罰規定の新設等が行われた』

以上、引用終わり。

詳しいことはこちら

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO124.html

他にマリファナの安全性と危険性を説いたものもあります。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080220_marijuana_safer_than_alcohol/

なんだかな…(@Д@;

category: 普通の日記

[edit]

trackback: --   comment: 0  

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。