06// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //08

平安調美人のひとりごと

いわゆるよろず日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

生声か吹き替えか? その2

海外ドラマに限らず、地上波で放送する映画などで、字幕派と吹き替え派との静かな(?)戦いがあるという。

http://dramanavi-column.cocolog-nifty.com/column/2008/09/post-2f80.html

このブログで行った投票では、字幕派が2567票、吹き替え派が2099票の結果になっている。

字幕派の意見では、生の俳優の声がわかる、吹き替え声優でキャラが損しているなどがあるに対して、吹き替え派は画面に集中できる、翻訳が日本語ナイズ(?)されていていいという意見がある。

私はCSIシリーズにハマる前までは吹き替え派だった。
昔から洋画をテレビで見て育ったため、吹き替え声優には深い愛情があった。
声優だって名前と声で覚えていた。
例えば、クリント・イーストウッドといえば山田康雄、アラン・ドロンといえば野沢那智といったように、自然と覚えていたものだ。

イメージがピッタリなものもあれば、がっかりしたものもある。
スターウォーズで最初の吹き替えキャスティングは酷かった。
何せ、渡辺徹、大場久美子、松崎しげるだったから┐(´д`)┌ヤレヤレ
あとね、スーパーガールの(自主規制)は酷かったε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

逆にハマってしまったものがある。
ナイトライダーでマイケルが佐々木功、キットが野島昭生。このコンビがいいよね(*^ー゚)bグッジョブ!!

CSIシリーズに凝り始めたのもグリッソムの吹き替えが野島さんだったから。
マイアミにハマったのもホレイショの吹き替えが石塚さんだったから。

マイアミにのめりこんで、DVD-BOXを買い揃ってから、字幕を改めて見た。

デヴィッド・カルーソの生声の色っぽさに、思わずマイアミのOPテーマみたいに悲鳴を上げてしまった。

というわけで、現在実施中の投票の参考のため、You Tube画像を貼り付けます。

まずは生声(シーズン3第21話「汚れなき秘密」から。ゆったりとした口調が特徴です)



次は石塚さんの吹き替え(シーズン6のネタバレがありますので、続きをクリック)








category: 普通の日記

[edit]

trackback: --   comment: 0  

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。