05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

平安調美人のひとりごと

いわゆるよろず日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

解約は3日前までに

IMG_0003s.jpg

去年、妹が東方神起にハマったきっかけで、スカパー!を追加契約を結びました。
主契約は私として、視聴料は私の口座引き落とし。
それから妹は韓国旅行やら、ハングル語やら、東方神起ライブやらで韓流づくしは留まることを知りません。

先月、視聴解約するなら3日前までと約束していたのに、昨日のノートパソコンにこんなメモが貼られていた。

妹よ、お前も学習能力がないのか!?

まぁ、私も大きな口を叩ける立場じゃないけど(´ω`)トホホ…

category: 普通の日記

[edit]

page top△

メルアドは確認してから

誕生日にiPhone4Sを入手しました。
本当は、その日に彼氏同伴でソフバンショップへ行く予定でしたが 、ちょっと訳があって、私1人で取りに行きました。(理由は聞かないでね)

やっと手にしたものの、PCがなければ3GSからのデータ移行ができないので、翌日に検索してから彼氏にメール。

数分経っても、返信メールが届いていないと不安になり、彼氏に電話。

「メルアドを確認した?」

私は急ぎたい気持ちがあり、ケータイのメルアドではなくて、PCメルアドで送っていたことをその時点では知る由もなかった。

仕事が終わり、また彼氏にメールを送ったが、また返信が届いていないと不安になり、またまた彼氏に電話。

「メルアドを確認した?」
「確か、xxxxx(PCメルアド)」
「それ、PCメルアドのだけど…」

ガーン


恥ずかしい

まさに穴があったら、入りたい…

「メルアドは確認してから送ること」
それが教訓。

チャンチャン

category: 普通の日記

[edit]

page top△

ポケモンファン必見!ポケモンセンターオーサカ

2001110161_convert_20111016193140.jpg

社員旅行で大阪四季劇場へ向かう前のこと。
JR大阪駅内にある大丸梅田店13階にあるポケモンセンターオーサカ(以下ポケセンオーサカ)。
ポケセンオーサカではそこでしか買えないポケモングッズやカードゲームの遊び方を
教えてもらったり、(時にはスタッフと対戦もあるけど)WiFi機能付きのDSがあれば、通信も
可能。
10月29日にはクリスマスグッズや新しいポケモングッズも発売予定。

現在はハロウィンシーズンに合わせて、ハロウィングッズも。
これはカウンター内のパノラマですが。

201110162_convert_20111016193258.jpg

10月31日までミュウツーの入手方法も紹介されていますので、GETしたい方は下記の写真をご参照を。

P1050444_convert_20111016195858.jpg

場所はJR大阪駅中央改札口を出て、中央出口より徒歩約5分。
阪急梅田駅からでも2階の中央改札口よりJR大阪駅方面へ徒歩約10分。
地下鉄谷町線東梅田駅3番出口から徒歩約10分。
地下鉄四ツ橋線西梅田駅1番出口から徒歩約5分。
地下鉄御堂筋線梅田駅8番出口から徒歩約5分。

営業時間は朝10時から夜8時まで。
11月までの定休日はありません。
詳しくはこちらまで。

そして、ポケモンオリジナルiPhoneカバー、通称カバコレのご案内。


-- 続きを読む --

category: 普通の日記

[edit]

page top△

社員旅行レポート その2

お約束のミュージカル、「サウンド・オブ・ミュージック」の感想を詳しく。

まずはお約束のあらすじ

時は第二次世界大戦直前のオーストリア。修道女見習いであるマリアは、修道院を抜け出しては付近の山で歌う、いわゆる問題者。そんな彼女に修道院長から、海軍大佐であるトラップ家の家庭教師をするようにと勧められた。そこで待ち受けているのは、妻を亡くしたショックから心を閉ざした大佐と、厳しく躾けられた7人の子供たち。マリアは持ち前の明るさと歌声で、やがてトラップ家の心を開いていきます。ところが、大佐に恋心を抱いてしまったマリアは、トラップ家を勝手に抜け出し、修道女として一生を捧げようとするが、修道院長からの励ましによってトラップ家に戻り、大佐と結婚することに。しかし、ナチスドイツの侵攻がオーストリアにも及んだことによって事態が急変。人々がナチスに屈している中、トラップ家でも忠誠を強いられそうに。オーストリア人の誇りにかけ、家族を守るために、大佐は亡命を決意することに…。

世界名作劇場の「トラップ一家物語」の原作とも言われる「サウンド・オブ・ミュージック」。
実はマリア・フォン・トラップによる実話。
1959年にブロードウェイで初演され、映画版も大ヒット。
しかし、劇団四季による「サウンド・オブ・ミュージック」は「キャッツ」「オペラ座の怪人」「エビータ」などで知られる作曲家のアンドリュー・ロイド=ウェバーによるプロデュース版を
劇団四季創始者の浅利慶太氏が日本人でもあうようにと演出。

これは手元にあるチラシなどから引用したものですが、大佐に恋心を抱いてしまったマリアが、修道女として一生を捧げようと修道院へ戻ってしまったシーンで、修道院長から「自分の人生は自分で切り開きなさい」という歌に私、久しぶりに泣きました。

これまでいくら映画でもテレビでも小説でも感動した回数が少ない私でしたが、心から泣いたのが本当に久しぶり。

15分間の休憩でのトイレでも、涙でマスカラとアイラインが滲んできちゃって。

大佐からのプロポーズを受けて結婚するマリアがとても綺麗で、結婚式のシーンでは初めてハンカチを持ってしまったほど。

そして、ナチスの目をすり抜けて、トラップ一家が亡命するシーンに、まさか!?と思いきや、長女が父を庇うように立ち塞がるシーンに思わず声をあげそうになっちゃった

ラストではみんな揃っての拍手拍手の連続で、手が痛くなっちゃった

私もマリアのように自分の人生を後悔のないようにがんばってみよう。

CCさくらの無敵の呪文のように。(あっ、関係ないか)

category: 普通の日記

[edit]

page top△

社員旅行レポート その1

今日、劇団四季の大阪劇場で、日帰りですが、社員旅行へ行ってきました。

参加者は女性のみで11人と少なかったのですが、リフレッシュできてよかったです。

大阪公演の演目は「サウンド・オブ・ミュージック」ですが、詳しいレポートは帰ってきてからお伝えしたいと思っております。

実は子供の頃から車酔いしやすくて、こうしてブログを綴っても、また酔ってしまいそうです。

簡単に感想を述べますと、とにかく感動の嵐。
ハンカチを持っててよかったです。

それでは今晩、レポート その2を乞うご期待。

category: 普通の日記

[edit]

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。